オイル

XS750のオイルについてです。
オイル容量はメーカーのサービスデータによると、定期交換時は2.8リッター、オーバーホール時は3.5リッターとあります。


最初期型はオイルフィラーキャップでオイル量の点検をするのですが、その後はオイル点検窓でチェックすることができます。

オイル点検窓

「安いオイルを頻繁に変えるのが良い」とか、「高いオイルだと長持ちする」とか諸説あるのがエンジンオイル。後述のガレージUCGさんのサイトでオイル管理の重要性を認識しましたので、オイル交換だけはサボらないように気をつけています。

管理人は年に2回くらいのペースで変えています。
オイルフィルターはオイル交換2回につき、1回くらい交換しています。

また、オイルの消費が多いので量のチェックは欠かせません。
1000キロくらいのツーリングに行った後はかなり減っていて驚きます。(慣れました)

高速道路をアクセル開け続けて長距離走った時などは500ccくらい減っていることはザラです。かと言って街乗りでも減ります。

管理人のXS750はレッドバロンで購入したので、最初はオイルリザーブシステムというお店独自のサービスを利用していました。レッドバロンのオイルはエルフの汎用オイルだったと思います。その後、色々な銘柄を試してみました。

WAKO’S タフツーリング 25W-50(部分合成油)

XS系では日本一のショップ、ガレージUCGの店主さんがホームページ上で絶賛していたのが、このオイルです。

メーカーによると

「コンプレックスエステルを配合したノンポリマー・ヘビーデューティエンジンオイル。高温下での潤滑性に優れ熱ダレに強く、チューニング車両などの熱負荷の高いエンジンを強力な油膜で保護し、ストリートからサーキットまで幅広く使用できます。また、クラシックバイクやクラシックカーなど、各部のクリアランスが広いエンジンにも適しています。」(和光ケミカル ホームページより抜粋)

空冷のナナハンにはピッタリのオイルです!
管理人は真冬にもこれを使っていましたが、キックが重くなったのを実感するほど硬いオイルです。夏場の熱ダレも少なかったように感じます。

1リットル、2000円以上するので管理人にはコストが重荷になっていました。

SUMIX 20W-50(部分合成油)

ホームセンターのジョイフル本田で売られている、知る人ぞ知る激安オイルです。1リットル800円くらいだったと思います。それでいて部分合成油。ジョイフル本田まで買いに行く価値があったオイルでした。

(粘度20W-50のは販売終了している模様です。2019年12月記)

AZ(エーゼット) MEG-014 10W-50(合成油)

4リットルで2000円ちょっとという激安オイルです。amazonのレビューでもかなり高評価です。

レビューでは絶賛されていたので、期待が大きかったのですが、ビックリするほどではありませんでした。(先入観って怖いですね・・・)パーツクリーナーがオマケに入っていて、そちらの方にビックリしました。

カストロール POWER1 10W-40(部分合成油)

amazonで4リッター2000円ちょいで買える最高にコスパに優れたオイルです。単純計算すると、リッター500円!amazonプライム会員ならば送料無料、翌日配達なので、よく利用しています。

amazonで買えば激安オイルですが、用品店ではそれなりの値段のオイルです。性能に文句はありません。余ったオイルは継ぎ足し用にできるのも良いです。

ニューテック MS-55 15W-55(鉱物油)

広く知られたメーカーではありませんが、口コミでかなり良い評価を聞き、使ったことがあります。1リットル2800円もする管理人にとっては高価なオイルです。

真夏の高速道路でも熱ダレは少なく、オイル消費量も他のオイルに比べて少なかったです。高いので1年(2回交換)しただけですが、また入れたいオイルです。

WAKO’S プロステージS 10W-40(合成油)

バイク屋さんで1リッター1800円くらいでした。可もなく不可もなしで、特別な感想を持ちづらいオイルだと思います。

バルボリン VR1 20W-50

ホームセンターで1クォート600円くらいだったので、買ってみました。

バイク不可とか使える、というような情報が錯綜していたので物は試しで実験。結果、クラッチの滑りが発生したのでXS750には合っていないと判断、すぐに入れ替えました。

湿式クラッチのエンジンは不可、とメーカーのコメントですが、大丈夫なバイクとそうでないバイクがあることがわかっただけでも良しとしました。

エルフ MOTO4 ROAD 15W-50

世界のオイルメーカー、エルフのオイルです。
こちらも特別な印象はなかったですね。
プラスチック製のボトルが扱いやすいのが良かったです。

ワコーズ アンチエイジングオイル 15W-40

現在入れているのが、ワコーズの「アンチエイジングオイル」です。
バイク用品店では並んでいないので業販用のオイルだと思われます。
交換時の記事がありますので、詳しくはこちらをお読みください。

WAKO’S アンチエイジングオイルのファーストインプレ

まとめ

長年乗っているので、幾多のオイルを試しています。
個人的にはニューテックのMS-55が一番印象深かったオイルです。
値段相応の良いオイルでした。

他にも気まぐれで違う銘柄を入れますが、管理人が鈍感なせいか明確な違いというものがなかなか判らないのが実際です。

どのオイルも交換した直後は、ギアの入りもスムーズですし、メカノイズも軽減されます。

ひとつ拘っているとすれば、硬めのオイルを選択しているということです。

70年代の空冷ビッグバイクなので、エンジンを高回転まで回すことはないにしても、クリアランスが多めだと思うのでオイル量のチェックは怠っていません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする