XS750 K&Nエアクリーナーの清掃

バイクのメンテナンスにエアクリーナーの清掃というのがあります。(筆者はエアクリーナーと呼びますが、エアフィルターと呼ぶ人もいます)
エアクリーナーの役目は、キャブレターに送り込む空気を綺麗にするという重要なものです。
分かりやすい例でいうと、エアコンのフィルター掃除でしょうか。いつの間にかホコリがびっしりで、清掃のたびに驚きます。

大切なメンテナンスなのに、ついつい後回しにしがちな作業です。メンテナンスのタイミングですが、使用状況に依る、というのが正直なところでしょう。
土埃舞うところでの走行が多いマシンは頻繁に行った方が良いと思いますし、綺麗な空気の環境ではエアクリーナーもそうそう汚れないので、本当にたまにで良いと思います。
そんな、筆者の場合は、完全に気まぐれです。前回メンテしたのは2020年でした。

筆者のXS750のエアクリーナーはK&N製です。純正は使い捨てなのですが、K&Nのは清掃可能な商品となっております。
専用クリーナーで洗浄後、専用オイルを染み込ませることによって、再利用ができるという優れものです。

①専用クリーナーをスプレーし、10分くらい放置します。クリーナー自体はそんなに嫌な臭いもなく、家の中で作業ができます。

②10分経ったら水で全体をすすぎます。エアクリーナーに付着していた埃やゴミが流れていくのが分かります。

③十分すすいだら、乾かします。ここ最近は殺人的な猛暑ということもあり、水ですすいだエアクリーナーを乾燥させるにはもってこいの気候。今回はさらに早く乾かすために、エアコンの室外機の前に置いてみました。↓

④乾いたら、専用オイルを染み込ませます。
この専用オイル、血のような真っ赤な色をしているのが特徴です。
なぜこんな色にしているのか不明です。

比較的簡単にできるメンテナンスなので、ぜひトライしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク