XS750の塗装面がハゲた場合の対処

バイクの塗装はハゲると目立つ

車とバイク、どちらの方が塗装が痛むのでしょう?私はバイクの方が傷むリスクは高いと思います。車は何かにぶつけたら、必ず塗装面が痛みます。というか、外傷ですまないことさえもありえます。逆に壁等にぶつけなければ、ほぼ塗装がハゲることはないと思います。

バイクの場合は転倒するとほぼアウトですね。立ちゴケしただけで、どこかに傷がつきます。最悪タンクが凹みます。さらにバイクはタンクを抱えるようにして乗るので、タンクの上に何かを落としたりぶつけたりすれば塗装面が欠けてしまいます。キーホルダーがジャラジャラついたキーを落とすだけでもリスクは高いです。

また、ジャケットのチャックがタンクに接触し続けると塗装面が痛みます。こちらはタンクパッドや養生用の粘着シートが売っているのである程度は防ぐことができます。

小傷ならばタッチアップペンが最適

よっぽど大きな傷でなければDIYで修理したいものです。場合によってはステッカーを貼ってごまかすこともできますが、場所によってはそのステッカーが不自然に見えることもあるので要注意です。

私はちょっとした傷の場合はタッチアップペンを使って補修しています。もちろんXS750の純正色なんてありません。似ている色をショップで見繕うしかないです。私のXS750はブラックですが、よ〜く見るとラメっぽく何かが含まれていてソリッドなブラックではないのです。

ショップでタッチアップペンを見ると、様々なブラックが売っています。トヨタ、日産、ホンダを始め、車種にあったものがラインナップされています。いわゆる専用色ですね。壁に擦ったような擦り傷だと専用色のペンで塗らないと色めが変わって目立ってしまうかと思いますが、XS750の1ミリ~数ミリの塗装の欠けはそこまでナーバスにならないですみます。

私はメタリックブラック系のタッチアップペンを物色し、ホンダのインテグラ、シビック、CR−X等に使われている「フリントブラックM」を購入しました。
しかし「M」って何の略でしょうか?「メタリック」かと思うのですが「マイカ」かも知れません。

私が買ったタッチアップペンは車種が古いので他のメタリック系のブラックでも良いと思います。数百円なので、万一色めが違ってもお財布へのダメージは少ないと思います。

まとめ

タンクの傷は早めにタッチアップペンで補修することをオススメします。
放っておくとサビの原因になります。
補修はタッチアップがお手軽です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. xs750 jp より:

    長年乗ってると塗装も痛んで、艶も無くなってきますね。数年前にタンクとサイドカバー自家塗装しましたが、自宅前でやったので、埃りや虫に苦労して二度とやらないと思いました。何度も失敗して塗り直しで、缶スプレー相当使いました、2液ウレタンも5本くらいで.塗料だけで1万以上使いました。
    いま予備タンクとサイドカバー手に入れて、サフェーサー だけ掛けて保管してますが、本塗装は迷います。
    ブルーシートなんかで塗装ブース作るか、塗装屋に出すか?

    • ないとら より:

      >xs750jpさん
      コメントありがとうございます。
      自家塗装されたんですね。すごい!
      自分も他のバイクのサイドカバーやテールカウルを塗ったことがありますが、ゆず肌っていうんですか?凹凸ができてしまいました。
      下地が大切だと聞いたことありますが、環境も大切ですね。
      プロのペイントショップは間違いないと思いますが、自分で塗装しても愛着が沸きそうでいいと思います!