ミクニBS34キャブレターの豆情報

XS750のキャブレターはミクニというメーカー製です。
品種はBS34で、有名どころでスズキの1100刀にも使われているメジャーなモデルです。
古いところではTX750、スズキのGS400、カワサキのZ750TなどもBS34かと思われます。
1970年代〜80年代の多気筒車に使われていたキャブレターなので、昔のバイク乗りから見ればオーソドックスなキャブレターなのかも知れません。
XS750の情報を求めてネットサーフィンしていると、少し役立つと思われる情報を入手したので紹介させていただきます。

答えは「別冊オールド・タイマー」にあり。

はい、いきなり結論ですが、オートバイ雑誌「別冊オールド・タイマー」の第3号にミクニBS34の特集記事が載っているのです!!

その名も「プロ直伝 キャブレター修理講座」!!

キャブレター界では超有名な「山之内キャブレター」の山内和史さんが豊富な経験で得た情報を惜しみなく講義してくださっています。
BS34ならではの特徴やクセなども書かれていて、さすが本職!と唸らさせられます。
詳細を紹介したいのですが、おそらく著作権などに抵触すると思われるので、興味のある方は「別冊オールド・タイマー No,3」を探してみてください。

新型コロナウイルスのおかげでバイクライフもままならない現状ですが、ジャンクのBS34でも買ってバラしてみたいと思う今日この頃です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. xs750jp より:

    オーバーフローで分解して、予備部品があるのは交換、メインジェットとか、何点かは無かったので、サンポール薄め液に漬け込んで清掃しました。あとはフロート調整したくらいで、弄れませんね。少しプラグが被り気味なので、ニードル調整考えたんですがやめときました。
    やはり、教本あれば心強いですよね!

    • ないとら より:

      >xs750jpさん
      コメントありがとうございます!
      キャブレターもご自身で弄られるんですね
      流石です!

      オールドタイマーの記事を読んだら、やってみたくなりました。なかなか敷居高いのですが^^;