XS750のシートを簡易補修する【閲覧注意】

XS750のシートベースは鉄製です。いまのオートバイは樹脂製が大半だと思いますが、昔のバイクはほとんど鉄製だったと思います。かなり古いとスプリングが仕込んであるシートもあるみたいです。

鉄ということはサビます。風雨にさらされ小さなサビが進行し、最終的には朽ちてしまいます。バイクだとガソリンタンクが錆びますよね。タンクの中を懐中電灯で照らすとサビサビで驚くこともしばしばです。

バイクのシートベース(スポンジの下)も年月が経つと傷んでいくのです。濡れても乾きにくい場所ですが、なぜそこが濡れるのか?
多分、シート表皮の縫い目から雨水がしみ込む⇒しみ込んだ雨水がスポンジに吸収、水は重力でスポンジの下部に移動⇒ベースに到達⇒サビる
というプロセスではないか、と。

その証拠に左側のサビの進行が著しいのが分かります。
なぜ左側かというとサイドスタンドで留めているから偏っているわけです。
右と左の傷み具合を見ると一目両全ですね。

ボロボロのシート裏

鉄が薄くなってしまい、スポンジが見えています。
縁のところも崩壊して捲れています。

機能に影響がないので見て見ぬふりをしてきましたが、この度補修することに。
家に「Fiber Fix」というグラスファイバーの補修材が残っていたので、これを使おうかと思ったのですが、シート裏は凹凸がありフィットしない可能性と、そもそもボロボロの鉄に食いついてくれるかが分からなかったのでホームセンターで「T-REXテープ」と「貼るだけ補修シート」を買ってきました。

二つ合わせて2000円弱でした。
2000円で多少良くなるなら安いものです。
下の写真がビフォーアフター。

人様に見せるのが恥ずかしい出来ですが、何とか捲れていた縁の部分を固定することができました。後はこの状態がキープできるかどうか?です。

結果は失敗でした・・・(^^;

翌々日(5月17日)の東京は快晴。気温も28度くらいまであがったのではないでしょうか?
XS750のシートカバーをめくると不安が的中。テープで貼った部分が浮いています…。暑いと粘着力が落ちそうな気がしたんですよね。
もともと接着面が綺麗ではないですし、面積も狭いので予想はしていましたが失敗に終わりました。残念です。

とりあえず、あまりお金をかけられないのでこのままになりますが、何か考えたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. xs750 jp より:

    これはもう諦めて、スペアのベースを再塗装して表皮張り替えた方がいいのでは?
    自分は雨の後、シート開けた時右端から水が垂れるので、シート押したら流れ出たので、これはと思い、剥がしたらベース端はボロボロで錆落とし塗装して、張り替えに出しました!
    給付金を使えば!自分も当てにしてタイヤとか購入しましたよ!

    • ないとら より:

      >xs750jpさん
      コメントありがとうございます。
      はい、交換が手っ取り早いかも知れないですね。
      給付金という考えはありませんでした。
      軽自動車税も払わなきゃいけないですし、じき車検なのでシートまでまわりませんね…

  2. kin より:

    モノタロウとかでも売っている3000円位のFRP補修キット(必要な物が全部入っています。)で、ガラスマットを貼り付けて修理してみては如何ですか?
    ネットで出てますけど古い自動車でフロアがサビでボロボロになって穴が開いたのをFRP補修キットで修理している人が居ます。
    バイクのシートベースなら同じ様に修理出来そうですよ。

    • ないとら より:

      >kinさん
      コメントありがとうございます。
      モノタロウ、見てみようと思います!
      情報ありがとうございます!